印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > Q&Aよくある質問


  Q1: ペットの供養は人間とは違うのですか。
人間も動物も命の根源は一つです。同じ命、命に上下はありません。共にこの世をささえ合う仲間です。供養の方法も同じです。一切衆生悉有仏性といい仏教ではすべての生きとし生けるものの内に仏の心を持つと教えます。命に差別はなく平等であるという事です。ならばその命の終りは人と同じく成仏することに究極の目標があります。

▲ ページトップへ

  Q2: 人間の仏壇にペットの位牌やお骨を置いてもいいでしょうか。
 仏壇とは家の中心でありご本尊様をお祭りする場所。それは、阿弥陀如来や大日如来であったり、名号であったり様々です。仏様は一切衆生を救う為大慈大悲の御手をたれ給います。仏様の大慈悲の前には人も動物も全く平等です。お位牌を置かれてもよろしいでしょう。ただし、左下段付近に安置されるがよろしいでしょう。お骨は仏壇の中ではなく仏壇の脇か前に別の小さな台を用意してその上に安置して下さい。

▲ ページトップへ

  Q3: 動物は人間にタタリますか。
 縁をいただき可愛がっていただいた人に祟るという事はありません。真心からきちんと供養してあげて下さい。皆様の幸せと心の平安を手伝ってくれます。

▲ ページトップへ

  Q4: 人間の墓にペットのお骨を入れていいでしょうか。
 管理者のいる霊園の墓地では難しいでしょう。もし入れることが出来たとしても、飼主もいずれはこの世を旅立ちます、お骨の管理は飼主さんが元気な間は心がけて貰えるでしょうが、永代の保証は有りません。後々無縁になり粗末な扱いを受ける事の無い様いずれかの機会に埋葬される事をお勧めします。(散骨等の方法もありましょう)又、お墓や仏壇は仏様(真理)と心を結ぶ依り所ですが、亡くなった者達の住み家ではありません。成仏したペットは何ものにもとらわれない自由自在の境地から飼主の幸せを手伝ってくれます。

▲ ページトップへ

  Q5: ペットが行方不明になってかなり日が経ちますどうすればいいでしょうか。
 いろいろな事情で家に帰れなくなったペットはたくさんいます。永く帰ってこないペットはキチンと供養してあげましょう。遺骨、遺体が無くとも供養は出来ます。ペットの遺品や写真をご用意下さい。正しく供養する事で、ペットも安心し飼主の心にも安らぎを頂戴する事が出来ます。

▲ ページトップへ

  Q6: 友引に葬儀をしても良いのでしょうか。
 全くの迷信です。浄土への旅立ちに日時の吉凶がある訳が有りません。仏教を正しく理解した人であればそんな事にとらわれません。

▲ ページトップへ

  Q7: 埋葬するにあたってどの様な注意が必要ですか。
 四十九日が過ぎれば埋葬されてよろしいです。粗末にならぬよう人通りの多い場所や湿地を避けて、お骨は必ず壺から出して埋葬して下さい。一度壺を水で濯いでその水も一緒に骨と共に埋葬なさればよろしいでしょう。

▲ ページトップへ

  Q8: ペットが亡くなって悲しくて立ち直れませんどうすればいいのでしょうか
 ・・・・・・・・・・・。

▲ ページトップへ

  Q9: ペットが亡くなってすぐに火葬してもいいのでしょうか。
 ・・・・・・・・・・・。

 ※ 他にもたくさんの疑問や質問を頂戴します。どんな事でも結構です、電話やメールにてお答えします。 
   お気楽にご相談下さい。



Q&Aの最終更新日 : 2016-05-17

公益社団法人日本獣医師会賛助会員公益社団法人日本獣医師会賛助会員

熊本総合ペット霊園ゆうみん社

※想い出のひとつひとつを話して下さい!きっと心が癒されます。

霊園の概要霊園の概要
ペットが亡くなったらペットが亡くなったら
お葬式と供養お葬式と供養
料金のご案内料金のご案内
霊園案内地図霊園案内地図
スタッフ紹介スタッフ紹介
Q&Aよくある質問Q&Aよくある質問
犬は死んだらどこへ行く犬は死んだらどこへ行く

ペットロスペットロス
無料供養無料供養
監修寺院監修寺院
猫寺紹介猫寺紹介
平成25年度行事予定表平成25年度行事予定表

真言宗醍醐派真言宗醍醐派

ゆうみん社携帯サイト